ブルゴーニュ・レザンドール

Bourgogne Raisin d’or

ワイン専門通訳ガイド・翻訳 /

ドメーヌ手配と同行通訳 /ワインツアー / 

ブルゴーニュワイン専門レクチャーテロワール・風景・歴史・ワインテイスティング)/

ワインのインポーターと個人愛好者向け各種サービス /

取材・撮影の現地コーディネーター 

 

農業推進・職業促進センター CFPPA de Beaune、ブルゴーニュ大学 Université de Bourgogne ワイン専門課程修了

 

ワインに魅せられて、あこがれの地ブルゴーニュへ。

 

ブドウ畑に佇んで、季節とともに成長していくぶどうを観察する。

手のひらに土をのせて、その感触を確かめる。

 

ブルゴーニュの畑は、考えていたよりずっと細かく区画されていた。

一歩またいだら、もう隣の畑に入ってしまうくらい、

それぞれの畑は密接している。

なのに、それぞれが違う、個性を持ったぶどうを生み出すのだ。

不思議だ。

グランクリュ、プルミエクリュの畑だけ数えても相当な数なのだから、その他にヴィラージュやレジョナルクラスの畑を数え上げたら、

想像を絶するほどになるだろう。

そんな繊細な郷土の風味の表現に、果敢に挑戦する地元の生産者たち。

彼らの情熱に触れながら、彼らの手によって作られたワインを試飲するとき、

私は毎回、感動を覚える。

遠い昔から、ブルゴーニュ人たちは、どうしてこんなにも繊細な郷土の個性にこだわってきたのだろう。

そしてどうやって、それらをそのまま表現させることに成功したのだろう。

その謎が知りたくて、ワインを巡る文化や風習をむさぼるように勉強した。

ブルゴーニュでのワイン造りは、土地の歴史と深く絡み合っていて

知れば知るほど面白い。

彼らのワインが、私たち日本人の心に響くのは、

やはり日本にも、同じように郷土の個性を愛する意識や、繊細さを求め、保持しようとする文化や風習があるからだと私は思っている。

この感動を、大好きな故郷日本の、ワイン愛好家たちと分かち合いたい。

そう思って立ち上げた会社、ブルゴーニュ・レザンドール。

ブルゴーニュに関することならきっと、力になれる。

裕子ショケ 

Yuko CHOQUET